青色プログラム。

日々楽しくプログラミングを学ぶ

【Java】基礎を学ぶ【#1】

  

 

プログラミング言語の一つ、業務システム、WebサービスAndroidアプリ、家電製品など汎用的でOSに依存せず人気で多くの現場で使われいる。

- 有名なものだと マインクラフト、Twitter楽天OpenOffice、etc.

難易度は難しいみたいですがそこはあまり気にしていません。同じ人間、出来る人がいるのならその人以上にやれば絶対出来る、仕事にしたいならなおさらね。

 

とりあえず基礎からスタート

class Main {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  }
}

これでコンソールにHello Worldと表示された、この文字は文字列と呼ばれダブルクォーテーション" "で囲む必要がある、数字は囲まない

 

System.out.println()

()の中身を出力せよという命令。
printlnの読みはプリントライン

 

コメント //

行末までのコメントは無視されるのでメモ用などに

 

・計算

" "で囲まず 数字+数字 だと足された数値が表示される
" "で囲むと計算せず文字列となる

「*」掛け算、「/」割り算、「%」割り算の余りを計算(8%5)→3

 

・文字列の連結

System.out.println("ABC" + "DEF");

文字列を連結する事ができる




ここまでの文字列や数値はデータ型と呼ばれます。

String ・・・文字の並び
int ・・・整数 

 

 変数

 データを格納しておく領域のこと。
それぞれ区別するために変数名を付けて宣言します。

※箱みたいなイメージ

 

- 変数を宣言

プログラムの中で、変数を使うには変数の名前が付けられいなければならない。

データ型 変数名;

 
- 変数の代入

変数を定義したら値をいれる、これを代入と呼ぶ。

変数名 = 値;

 
- 出力例

5

int numbr;
number = 5;
System.out.println(number);

ao

String name;
name = ao;
System.out.println(name);

 

・変数の初期化

int number = 5;
String text = "Hello World";

変数の値の代入は宣言と同時に出来る
この事を「変数の初期化」と呼ぶ。

 

・int型変数の計算

13
15

int number1 = 10;
System.out.println(number1 + 3);

int number2 = 5;
System.out.println(number1 + number2);

 

・String型変数の連結

こんにちは斎藤さん
こんにちは鈴木さん

String greeting = "こんにちは";
System.out.println(greeting + "斎藤さん");

String name = "鈴木さん";
System.out.println(greeting + name);

 

 ・変数の更新

Ao
Cattleya

String name = "Ao";
System.out.println(name);

name "Cattleya";
System.out.println(name);

※同じ処理内で同一名の変数は定義できない為、データ型を付けない(int、String)

 

・自己代入

3
5

int x = 5;
System.out.println(x);

x = x + 3;
System.out.println(x);

- 省略した書き方 -

x = x + 10;      →  x += 10;
x = x * 10;    →  x *= 10;

(他も同じ)x = x + 1;   →   x++;

 

変数名の注意

・2語以上の場合、単語の初めを大文字にして区切る(キャメルケース)

エラー:数字で始まる(エラー)
良くない:日本語、_ 、ローマ字

 

・double型

整数は「int」でしたが、小数点の場合は「double」を使う

double number = 3.14;
System.out.println(number);

 

 ・キャスト

double型で結果を表示したい場合は、どちらかをキャストする

int number1 = 13;
int number2 = 4;
System.out.println((double)number1 / number2);

 結果:3.25
片方がdouble型の場合は、もう片方が自動変換される為double型で表示できる

 

そんな感じで基礎出力部分を学びました。
現在はオブジェクト指向の「インスタンス化」「コンストラクタ」「カプセル化」「継承」「実装」までやっているのですが、概念なので詳しい説明はブログにはまとめづらいです...。

 

 

ところで一番最初に気になっていた事を調べてみた。
というかみんな普通にJavaをこのページみたいな事から学び始めるけど、
自分はまず気になってしかたなかった。

Javaでプログラムを書いて色々作っていくなら、そのjavaは何で作られているの?


ふんわりですが調べてみたので書いていきます。

機械語 → 0と1で構成されたコンピュータが理解できる唯一のプログラミング言語
アセンブリ言語 → 0と1を単語や記号に置き換え分かりやすくした機械語と一対一の関係にある低水準言語
アセンブラアセンブリ言語で書いたプログラムを機械語に変換するプログラム

アセンブラは当初、機械語からでアセンブラ自身でアセンブラを、アセンブラからC言語コンパイラが作成され、また今度はC言語自身で別のC言語コンパイラを作成する事が可能..。

そしてJavaC言語で作られたという事みたいですね、専門用語多すぎて分かりづらいですが機械語アセンブリ言語C言語Java 簡単に書くとこんな雰囲気ですかね。最初、宇宙創造までさかのぼれるかと